<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 治療費 | main | 鏡の中の私 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

オールセラミッククラウン

この患者様は、学生時代にとある地方大学病院でセラミッククラウン(メタルボンド)を入れたそうです。
最初はきれいだったようですが、数年経つと歯ぐきの付け根付近が黒ずんできたそうです。特にこの方は、上唇がめくれやすい為、それが更に目立つのです。お仕事上人前に出ることが多く、「自然に笑えない」ということで、同じセラミックでも金属を使わない「オールセラミッククラウン」に変えることになりました。

現在、治療後8年が経過していますが、今もとてもきれいです。
次回来院の際には撮影させていただき、「今」の写真をアップしたいと思います。

治療前







治療後







写真ではわかりにくいのですが、黒ずんでいた歯ぐきの色もすっかりきれいになりました。

個人のニーズにもよりますが、やはり前歯は「オールセラミッククラウン」をお勧めします。金属を使わない分透明感もあり、ナチュラルさを表現しやすいです。
強度を心配される方もいらっしゃいますが、過去8年間で1000本以上の経験上メタルボンドとなんら差はありません。

洋服や髪型の好みと同じように、歯にも好みがあると思います。
患者様はもちろん、私達術者にも好みや癖があるかもしれません。
アゴのシャープな人に丸いぼてっとした歯、二重まぶたのキュートな人にスクウェアな歯・・・・、これではいけません。
歯は「ただ白ければいい・かっこよければいい」時代から、「自然な美しさ」が必要とされてきています。

当医院では、できるだけ歯にダメージを与えない方法で、個人に合わせた本当の意味での審美歯科治療を提供しています。
ドクターK * - * 14:28 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:28 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ